《フォトレター567》

040.gif
春の空/1


春の天気の特徴は気温の変化が激しいことだ。
冬の冷たい空気が残っていて、その冷たい空気と春の強い日光が
混ざり合い、天気の変化が激しく、多くの種類の雲を見ることが出来る。
春の天気の代表的なものは桜の花の咲く頃の空が一面に
薄く曇っている状態の「花曇り」という天気だ。
この時にはおぼろ雲という高層雲がよく見られる。
また、もう1つ代表的な天気がある。それは花曇りとは反対に、
青空に積雲がぽつぽつとある温かく、過ごし易い様な天気だ。
これは「春うらら」と呼ばれている。春は強い風が吹く。
春に初めて吹く南よりの強い風を「春一番」という。


e0059431_15543196.jpg
こういう空が私は好きだ。

e0059431_15544356.jpg
午後の空。どことなくやさしい雲だ。

e0059431_1633472.jpg
雲がゆっくり流れていった。

e0059431_1634828.jpg
こういう空を見ていると、なぜかほっとする。

e0059431_16195243.jpg
公園の樹木にも春が来たという感じだな。
[PR]
by tomhana0907 | 2014-04-17 04:30
<< 《フォトレター568》 《フォトレター566》 >>