《フォトレター590》

040.gif
走馬灯のように/39


◎心に残る小さな小さな物語/2◎

今日、うちの犬が車にはねられてしまった。
私はすぐに駆け寄って彼を抱えて泣きながら道の端に座り込んだ。
彼は亡くなる直前に私の涙を舐めていた。

今朝、事務所の皆さんは「若く有望な弁護士」と私のことを評して、
初めての大きなケースでの勝利を祝福してくれた。
そして私が1日中考えていたのは、殺人者を自由な男にするために、
どのような法律のテクニックを使ったかということだ。

今日、私達夫婦は50回目の結婚記念日を迎えた。妻は私に微笑んで、
「もっと早くあなたに会えたら良かったと思う」と言った。

2年間距離をおいていた前妻と仲直りをしてディナーに行った。
我々は4時間、楽しくおしゃべりをした。
別れ間際、彼女は私に大きな封筒を渡した。
その中には彼女が私に送ろうとした手紙が20通も入っていたのだ。
封筒には「私が頑固すぎて送れなかった手紙」と書かれていた。

湿ったタイル張りの床で滑った時に頭を叩きつける
あと一歩のところで車椅子の少年が助けてくれた。
そして彼は「信じられないかも知れないけど、
3年前に同じように背中を痛めた」と言った。

他の誰かの悲劇が私の家族の願いに奇跡を起こしてくれた。
知らない人のおかげで、父親は心臓を得ることができた。
事故死が父親の命を救ったと思うことはとても奇妙だ。


e0059431_150226.jpg
1本増えた気がするのだが、気のせいだろうか。

e0059431_158294.jpg
ちょっと見ないうちに、どうも新人が参加している気がする。

e0059431_1593299.jpg
満開の桜5。

e0059431_1641750.jpg
5分もすると、この感じでない空が現れる。

e0059431_1643120.jpg
それがこの空なのだ。
[PR]
by tomhana0907 | 2014-05-01 04:16
<< 《フォトレター591》 《フォトレター589》 >>