人気ブログランキング |

《フォトレター490》

040.gif
読書感想/123

e0059431_8323960.jpg

北町奉行所朽木組『闇の黒猫』
作者:野口 卓 出版社:新潮文庫
私的評価:★★★☆☆☆☆☆☆☆

◎ストーリー◎
闇の黒猫。水際立った手口で大金を奪い去る盗賊は
いつしかその異名で呼ばれていた。腕が立ち情にも厚い、
定町廻り同心・朽木勘三郎と、彼に心服する岡っ引達は
商家の盗難騒動、茶問屋跡取り息子失踪事件を鮮やかに解き、
いよいよ江戸の闇夜に跋扈する「黒猫」の正体へと迫ってゆく。

◎私的感想◎
10ページほど読んで閉じてしまった。



耳袋秘帖『妖談しにん橋』
作者:風野 真知雄 出版社:文春文庫
私的評価:★★★☆☆☆☆☆☆☆

◎ストーリー◎
深川で、西国雄藩の藩士と石川島から戻ったばかりの無宿人が
相次いで水死した。2人とも死の直前に三十間堀に架かる
「四人橋」を4人で渡り、自分の影だけが消えたと言い残していた。
なぜ、影は消えたのか。そして、裏にうごめく悪の正体とは!
根岸肥前守が、江戸の怪異を解き明かす。

◎私的感想◎
回りくどいというか、まどろっこしいというか、私はダメだな。



『月の松山』
作者:山本 周五郎 出版社:新潮文庫
私的評価:なし

◎ストーリー◎
あと100日の命と宣告された武士が己れを醜く装って
師の家の安泰と愛人の幸福をはかろうとする
苦渋の心情を描いた表題作など10編。

◎私的感想◎
M美が担当なので、感想は省かしてもらう。
by tomhana0907 | 2014-02-07 04:13
<< 《フォトレター491》 《フォトレター489》 >>