人気ブログランキング |

《フォトレター492》

040.gif
定点観察/66


平仮名の歴史/1

平仮名とは日本語の表記に用いられる音節文字のこと。
平安時代初期の名僧である空海が平仮名を創作したという伝承があるが、
これは現在では俗説であると考えられている。
平仮名のもとになったのは奈良時代を中心に使われていた借字である。
平安京に都が遷されて以降、借字として使用されていた漢字の草体化が進み、
遂にもととなる漢字の草書体から独立したものが平仮名となり、
文章を記す書記体系として確立した。

既に8世紀末の正倉院文書には字形や筆順の上で平安時代の平仮名と通じる
半ば草体化した借字が記され、これは9世紀中頃の『藤原有年申文』や
同時期の『智証大師病中言上艸書』などの文書類、京都市の藤原良相邸遺跡から
見つかった土器群にも見られる。また、宮城県の多賀城跡遺跡から
発掘された土器や富山県射水市の赤田遺跡からも草仮名の書かれた
墨書土器が発掘されているため、同時期に地方へ赴任した官人らによって、
日本各地で普及し始めたと考えられる。

これら省略の進んだ草書の借字を平仮名の前段階として草仮名と呼ぶ。
宇多天皇宸翰の『周易抄』では訓注に草仮名を、傍訓に片仮名を
それぞれ使い別けており、この頃から平仮名が独立した文字体系として
次第に意識されつつあったことが窺える。


[155日目]
e0059431_7575590.jpg
曇りの日の方が寒々と感じられるのはなぜだろう。
e0059431_758417.jpg
定点ポイント2の写真。
e0059431_7581468.jpg
定点ポイント3の写真。
e0059431_7582725.jpg
定点ポイント4の写真。

[156日目]
e0059431_8211043.jpg
寒さの中に春の息吹が感じられる。
e0059431_8212125.jpg
定点ポイント2の写真。
e0059431_8212980.jpg
定点ポイント3の写真。
e0059431_822161.jpg
定点ポイント4の写真。
by tomhana0907 | 2014-02-10 03:31
<< 《フォトレター493》 《フォトレター491》 >>